口コミ

BEMSを利用したビルは節電に成功しているので注目

スーツの人

住居のために作られた建物と、業務のために建てられた建物はきっちりと使い分けられています。それは使う電気量が全然違うからです。広範囲で高い電気量が必要になったときに、ブレーカーが突然落ちてしまうと困ってしまいます。ブレーカーが落ちて電気がつかなければ、作業自体ができません。売上にも関わりますので、それを防ぐために大きな発電にも耐えられるように設計されているのです。これで業務には大量な電気が必要であるということが分かりましたが、では電気は使えるだけ使っていいのでしょうか。電気を使えばそのまま電気料金に加算されてしまいます。特に業務では大量の電気が発生しますので、なんとかそれを抑えなければ、いくら売上を出しても支出が多くなってしまい、利益を出すことができません。建物を使用する際にかかってしまう電気量を抑えるためにも、作業内で使う機器の電気量を減らすためにも、BEMSやディスペンサーなどの装置やサービスのことを知っておくべきです。

[PR]
BEMSシステムを導入しよう
ビルの省エネ対策にピッタリ☆

[PR]
活躍するディスペンサー
ニーズに合わせた機器がここにある